アリアニコ リゼルヴァ “コンタド”/ディ マーヨ ノランテ社

型番 norante_01
販売価格 2,400円(税抜)
購入数

アリアニコ デル モリーゼ リゼルヴァ
“コンタド”

【タイプ】赤ワイン

【ブドウ品種】アリアニコ種100%

【ヴィンテージ】現行ヴィンテージ

【産地】イタリア・モリーゼ州

【容量】750ml

【コメント】フェニキア人は、紀元前何世紀も前に、アリアーニコをギリシャ(主にエウベア)からイタリアへもたらしました。この古代品種は、教皇ポール3世のお気に入りのワインを造りました。コタレッラと研究を続け、現在数種類のクローンを使っています。他の産地のアリアーニコは太く重くなるスタイルですが、土壌が石灰質のため丸くエレガントなスタイルとなっています。深みのあるルビーレッド、すみれやプラム、チョコレートやスパイスの香りも感じられます。とてもなめらかで深みのある味わいです。良いワインであるほど、コストパフォーマンスが高くなければならないというノランテの哲学を体現したワインといえます。「コンタド」は、地域の総称です。
 2010年が、「ガンベロ ロッソ ヴィーニ ディタリア2013」で3グラス+、「ビベンダ2013」で4房、「エスプレッソ イ ヴィーニ イタリア2013」で14.5点、「イ ヴィーニ ディ ヴェロネッリ2013」で3星/91点、「ルカ マローニ ベストワイン年鑑2014」で87点、「ワイン アドヴォケイト205」で91+点

【醸造方法等】アリアーニコに適度な酸が必要なので、マセラシオンは長めに行います。30%をフランス産バリック(1年樽)で、70%をステンレスタンクで6ヶ月間熟成し、その後ブレンドして大樽で12ヶ月、さらに瓶で6ヶ月間熟成します。

【生産者】ディ マーヨ ノランテ社

【生産者について】ディ マーヨ ノランテは、州都でもあるカンポバッソ県で1800年代以来葡萄栽培に従事している生産者です。フィロキセラの害により一時ワイン造りから離れていましたが、1960年にラミテッロ地域で見事に復活し、以来モリーゼ州で最も重要な生産者として世界に知られています。現在およそ110haの自家葡萄園を化学肥料等の人工的な物を使わずに耕作し、最新の技術と熱い情熱によってワインが造られています。オーガニックは20年以上前から採用していて、さらに2000年からICEA規定によるオーガニック栽培をスタート、2011年から一部のワインにICEAのマークを入れることが出来るようになります。ちなみにICEAは3年毎に審査があります。スタッフは、オフィスに4人(うち常駐2人)、15人がセラーで働いています。ワイン造りのこだわりは、「土着品種の品質向上」、「飲み易く、飲んで美味しいワイン造り」、「良い葡萄からしか良いワインは出来ない」等々です。イタリアで最も有名なエノロゴであるリッカルド コタレッラのアドバイスも受け、その品質はますます際立ってきています。

Aglianico del Molise Riserva DOC "CONTADO" / Di Majo Norante

Your recent history

About the owner

Tomoe Yonezawa

ご来店ありがとうございます。 横浜馬車道にある実店舗よりピックアップしたおすすめのラインナップで運営しております。 贈り物など繊細なリクエストにも心を込めて対応致します。 お気軽にご相談下さい。

●メールでのお問合せはこちら


●お電話は045-227-5373
通販ショップを見たとお伝えください。

Mobile

姉妹店のご案内

実店舗のご案内
イル・カーリチェ馬車道本店
〒231-0013
神奈川県横浜市中区住吉町4-46
TEL 045-227-5373
FAX 045-227-5374
営業時間
祝・日・月・水 11:30-20:30
  木・金・土 11:30-21:30
定休日:毎週火曜

ヴィノテカ サクラ
〒231-0011
神奈川県横浜市中区太田町4-47
コーワ太田町ビル1F
TEL / FAX 045-650-5450

イタリアワイン&バール クラッ 〒231-0013
神奈川県横浜市中区住吉町5-62 篠原ビル1F
TEL 045-228-7173

本社
有限会社エル・カミーノ