ドルチェット ダルバ 2013/エリオ アルターレ社

型番 Elio Altare_01
販売価格 3,888円(税込)
購入数

ドルチェット ダルバ 2013

【タイプ】赤ワイン

【ブドウ品種】ドルチェット種

【ヴィンテージ】2013
※蔵出しバックヴィンテージ

【産地】イタリア・ピエモンテ州

【容量】750ml

【コメント】ドルチェットらしい柔らかな赤い果実の香り。アマレーナチェリーを思わせるしなやかな果実味。落ち着いた雰囲気のドルチェットです。エリオ氏らしいエレガントな仕上がり。ラモッラらしい柔らかい果実味がたまりません。エリオ氏の味を知るには、まずはこのドルチェットから!

【醸造方法等】樹齢10〜30年。砂質、部分的に石灰質の土壌。ロータリーファーメンターで4〜5日間マセラシオン及びアルコール発酵。使用済みのバリックで約3週間の熟成後、ステンレスタンクで10ヶ月熟成。

【生産者】エリオ アルターレ社

【生産者ストーリー】バローロ地区の知る人ぞ知るリーダー的ワイナリー。エリオ アルターレ氏は、ガイアのワインに感銘を受け、1970年代後半にフランス・ブルゴーニュにワイン造りを視察しました。当時熟成させないと真価が分からないバローロに疑問を抱き、大樽の熟成が主流だった時代に、1980年代いち早くバリック(小樽)を導入。短いマセラシオンなど改革を起こしました。自身のワイナリーだけではなく、周りの生産者にもアドバイスなど怠らず、現在のバローロの名声に大きく関わった偉大な生産者です。特に畑には拘り、低収量でブドウ一房ごと丁寧に育てています。ラ・モッラ村最高のクリュ”アルボリーナ”を所有し、バローロとバローロ”アルボリーナ”は無論、同じ”アルボリーナ”の畑から、1984年より実験的にバリック(フレンチオークの小樽)で熟成した”ヴィーニャ・アルボリーナ”や、ピエモンテ最高のバルベーラに数えられる”ヴィーニャ・ラリージ”、ネッビオーロとバルベーラを樽発酵させた、”ラ・ヴィッラ”の3種類は、バローロと並び、生産本数の少なさと、世界の需要が高く、カルト的なワインになっています。そしてスタンダードのドルチェット・ダルバ、バルベーラ・ダルバ、ネッビオーロ・ダルバもいずれも最良ワインに数えられます。現在、セッラルンガの畑にも畑を購入し、今後リリース後話題となるでしょう。そして、世界遺産チンクテッレのリオマッジョーレにもワイナリーがあり、歩半に畑に通い素晴らしいワインを造り出しています。
 尚、若い生産者を助ける基金プロジェクト”リンシエメ”の立役者としても有名です。

Dolcetto d'Alba DOC / Elio Altare

Your recent history

About the owner

Toru Nishihama

お探しのワインがありましたら、お気軽にお問合せ下さい!

Blog

Mobile