ヤンモ ロッソ/ヴィッラ マティルデ社

型番 villa matilde_01
定価 1,500円(税抜)
販売価格 1,500円(税抜)
購入数

ヤンモ ロッソ

“ヤンモ”はナポリ方言で、「行こう」の意味。エチケットに描かれているのは、登山鉄道「フニクリ・フニクラ」で有名な活火山、ヴェスーヴィオ山。
海と山の恩恵を受けたカンパーニアの豊かな土地から生まれた、ナポリをイメージしたワインです。

会員登録すると割引価格!こちらから登録

【タイプ】赤ワイン

【ブドウ品種】アリアニコ種60%、プリミティーヴォ種20%、ピエディロッソ種20%

【ヴィンテージ】現行ヴィンテージ

【産地】イタリア・カンパニア州

【容量】750ml

【コメント】
深いルビー色、ブラックベリー、チェリー、胡椒、リコリスの濃厚な香り、しっかりとした骨格でありながら滑らかな味わいは、スパイシーなピッツァによく合います。

【醸造方法】
10月上旬に収穫したブドウをコールドマセラシオン、ポンプオーバーを毎日行い、温度管理下にてアルコール発酵後、マロラクティック発酵を行います。オーク樽の後ステンレスタンクにて数ヶ月熟成。

【生産者】ヴィッラ・マティルデ社

【生産者について】
古の銘醸地ファレルノ - 古代ローマ 夢のワイン
ナポリから海岸線に沿って北へ1時間ほど車を走らせたローマとナポリの中間にあたる場所にヴィッラ・マティルデ社の本社とメイン・カンティーナがあります。このあたりはかつて“ファレルノ”と呼ばれた土地で、古代ローマ帝国の時代から“Ager Falernus(アジェル・ファレルヌス=ファレルノの大地)”という名前で知られており、オリーブオイルや野菜、そして高品質ワインの産地として有名な土地でした。古の時代には、野外劇場がある大きな町や各地に輸出するための非常に栄えた港もあったそうです。古代ローマ帝国の歴代皇帝たちはカプリ島やソレント半島に別荘を持ち、ローマから別荘に向かう中継地点としてこのファレルノの土地で美味しいワインを飲み、調達して旅を続けたそうです。そして、いつしか大きな町や港も影を潜め、ファレルノという銘壤地も過去の栄光となっていきました。

1960年代、弁護士であると同時に古代ワインの熱烈な愛好家であったフランチェスコ・パオロ・アヴァッローネは、ファレルノのワインについて古代ローマの政治家・プリニウスが書いた話や、古代ローマの詩人ウェルギリウス、マルツィアーレ、ホラティウスらが残した詩句に興味をそそられ、前世紀の初めに姿を消した伝説的なワインを復活させることを決意しました。この土地のポテンシャルを信じ、2000年前の高品質ワインを復活させようとブドウ栽培を始め、ヴィッラ・マティルデ社を創業しました。 セウェルス(濃厚で)、フォルティス(力強く)、アルデンス(燃えるような赤色)。
古代のファレルノワインの特徴は、かつてこのように表現されていました。この古典文学の中で最も有名なワインは、ロッカモンフィーナ死火山の斜面の丘陵地帯に広がるヴィッラ・マティルデ社のブドウ畑で、1970年代に再び息を吹き返しました。

JAMMO ROSSO IGT / villa matilde

---最近チェックした商品--------------------------------------------------------------------------

About the owner

Tomoe Watanabe

ご来店ありがとうございます。 横浜馬車道にある実店舗よりピックアップしたおすすめのラインナップで運営しております。 贈り物など繊細なリクエストにも心を込めて対応致します。 お気軽にご相談下さい。

お好み&ご予算に応じてワインをお選び致します!
希望の本数やどんなタイプ(赤・白・泡・ロゼ)が欲しいかご相談下さい!

●メールでのお問合せはこちら


●お電話は045-227-5373
通販ショップを見たとお伝えください。

Mobile

姉妹店のご案内

実店舗のご案内
イル・カーリチェ馬車道本店
〒231-0013
神奈川県横浜市中区住吉町4-46
TEL 045-227-5373
FAX 045-227-5374

ヴィノテカ サクラ
〒231-0011
神奈川県横浜市中区太田町4-47
コーワ太田町ビル1F
TEL / FAX 045-650-5450

イタリアワイン&バール クラッ 〒231-0013
神奈川県横浜市中区住吉町5-62 篠原ビル1F
TEL 045-228-7173

本社
有限会社エル・カミーノ